温暖化問題の解決

温暖化問題解決のための研究

地球温暖化が進むことによって起こる影響はまだ未解明の部分も多いですが、世界中の科学者たちが協力しあうことで 国際的な研究が行われています。

国際的なプロジェクトとしては様々なものがありますが

などたくさんのプロジェクトが分野によって専門的に議論されています。

日本国内の取り組み

もちろん日本国内でも温室効果ガスのCO2排出削減の取り組みは行われています。

  1. 温暖化総合モニタリングシステム
  2. 温暖化将来予測・気候変化
  3. 温暖化影響・リスク評価
  4. 温室効果ガス固定化・隔離技術開発
  5. 排出抑制技術の開発
  6. 温暖化抑制政策

6つのプログラムから構成されるこれらの研究により、CO2排出削減にむけて様々な努力がなされています

国際会議の開催

地球温暖化の防止には世界各国の協力がないと成り立ちません。そこで温暖化防止について話し合う国際会議がこれまで何度も 開かれました。

1995年にベルリンで開催された第1回締約国会議以降、CO2排出目標などに関する検討が行われてきました。

第2回のスイスで開催された締約国会議では今までの規定では不十分だということで 法的拘束力のある数値目標を決めるべく議論し、その後、京都で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議により 京都議定書が議決されました。